ほやほやのうち

全部書く。まず朝バタバタ家を出て来たので何と鍵をドアノブに挿しっぱなしだった事に帰りに気付く。もし無かったら終わりだなと思いつつドギマギしながら帰宅。しっかりと挿さっていた。室内も異常はないようだった。仕事中は焦燥感の中、何も売上に貢献する事はなく1日が過ぎ去っていった。雑談しかしていない。できない自分を受け入れるのはしんどい。拷問だ。責めないように息を止めるように堪えたつもりだが、実際は無意識でいつものように責めてしまったかもしれない。息苦しさでいっぱいだ。心のコップがいっぱいいっぱい。いいよなんてとても言う気になれない。今日も耐えよう。もう一人の自分が確実に機嫌悪そうに怒っている。結果を出せ。何でできないんだと。その思いが行動に表れる。その繰り返しだ。

 

理想は、大好きな人への気持ちを諦めなくてよくて、仕事で相談に乗ってピッタリのものをお勧めして、休みの日はお洒落なカフェで珈琲を飲みながらパソコンで仕事のまとめをしたり、雑貨や服をゆったりと見る。本を読む。

 

昨日の夜はジョギングコースを迷いながら自転車で下見した。初めての道、好きな街を夜走るのは何て気持ちいいんだろう。久しぶりにワクワクした。

 

今日も耐えて耐えて一ミリでも前に進もう。